人の見のこしたものを見るようにせよ。

主に旅、酒、地理について書く。

三連休のメシとサケなど。

f:id:wassy1974:20190212065011j:image

三連休。

初日の午前中は、息子ズのおゆうぎ会。

午後から二日目の夕方まで、妻が友人と一泊二日の旅行に出掛けたので、息子ズと男三匹で留守番。

三日目は、溜まりに溜まった家事をこなしつつ近場で家族団欒。

 

なかなかタフ&ビジーだったが、せめてメシとサケくらいは楽しむかっつーことで、合間の時間にゴニョゴニョしていた。

 

◼️初日

初日は寒くて雪がチラついていたので、おゆうぎ会の帰りに図書館で絵本をたんまり借りて、室内でゆるゆると過ごした。

 

そして、息子ズと男三匹の夕食。

朝の時点から「今夜は燗酒」モードだったので、レギュラー燗酒の「睡龍 生もと」を取り出した。

いただきますの直後に、長男(5歳)から「お酒は顔が赤くなったらやめるんだよ」という先制忠告。。。

f:id:wassy1974:20190211140832j:image

献立は、茄子と鶏肉の柳川風、菜の花とトマトとツナの柚子胡椒サラダ、タマネギとじゃがの味噌汁、そして白ご飯。息子らが完食してくれてむっちゃ嬉しい。

それと、長男に続いて次男も茄子を食べてくれるようになった!やったぜ!!

 

息子ズが寝静まった後に、自家熟成樽の詰め替え。

耶馬美人の麦を樽から引き上げて、代わりに球磨焼酎の常圧だが若い感じのやつを詰めた。 

f:id:wassy1974:20190211142555j:image

f:id:wassy1974:20190211142756j:image

耶馬美人の樽熟はかなり良い。ここの蔵は米焼酎も麦焼酎もセメダイン香が特徴だが、このセメダインは樽と相性が良いと思う。

 

◼️二日目

二日日は好天ということで、長男からせがまれていた横浜の「原鉄道模型博物館」にお出掛け。

ここは鉄道模型の展示、ジオラマ、運転シミュレーター、自由に遊べるプラレールがあって、子供(特に男児)はかなり楽しめるし、親はそこそこ楽ができる。

 

ひとしきり遊んで中華街に向かおうとしたが、長男に空腹に耐えられないと言い出したので、横浜駅地下で一番行列が短かった沖縄料理屋に飛び込んだ。

お味の方は、行列の長さに比例しているものと思われます。。。

 

午後は、帰宅途中の洪福寺松原商店街で買い物。

ここは日曜日でも新鮮な魚介類を買えるのが良い。

f:id:wassy1974:20190211141449j:image

f:id:wassy1974:20190211141537j:image

f:id:wassy1974:20190211142836j:image

f:id:wassy1974:20190211142958j:image

f:id:wassy1974:20190211143027j:image

f:id:wassy1974:20190211143105j:image

f:id:wassy1974:20190211143149j:image

f:id:wassy1974:20190211141953j:image

f:id:wassy1974:20190211142129j:image

山盛りのヤリイカと神奈川県産のミカンをお買い上げ。

息子ズはお茶屋さんのほうじ茶ソフトを食べてご満悦。

 

ここからまっすぐ帰る予定だったが、ソフトクリームでエネルギーをチャージした息子ズが「公園で遊びたい」と合唱。

お前らぁ、家にいると30分に1回は喧嘩するくせに、こういう時だけ団結しよって。。。

 

1時間ちょっと鬼ごっことアスレチックに付き合ってから、帰宅して夕食の準備。

山盛りのヤリイカは、菜の花と一緒にアンチョビガーリック炒め、ジャガイモと一緒に煮付け、そしてゲソの唐揚げ(衣が上手く付かず見た目は大失敗)にした。

帰宅した妻も加わって、家族揃っての夕食。

f:id:wassy1974:20190211142303j:image

晩酌に取り出した、開栓後9ヶ月常温放置の「小夜衣 特別純米酒」は、熟感ありつつ穏やかでむっちゃ旨かった。

夕食のおかずとも合うし、妻の旅行土産のそこそこ個性があるチーズも受け止める。懐が深い。 

f:id:wassy1974:20190211142340j:image

この日はさすがに疲れたので、蒸留酒は飲まずに就寝。。。

 

◼️三日目

三日目は、朝から溜まった洗濯、掃除、そしてサボっていた風呂掃除に精を出す。

日中は平塚総合運動公園でたっぷり遊んで、あっという間に夕方。

 

再び寒かったので、白菜たっぷりのピエンロー。

f:id:wassy1974:20190212194306j:image

f:id:wassy1974:20190212073650j:image

ピエンローは中国の郷土料理なので、紹興酒に近い日本酒の熟成が合うかもと思って「麒麟 濃熟オールド」を当ててみた。

干し椎茸の出汁と、酒のキノコっぽいニュアンスがむっちゃ合う。

 

三連休の〆は、バランタイン12年のロック。

f:id:wassy1974:20190212073716j:image

豊かな甘味の裏に感じる、柑橘の皮っぽい爽やかな苦味がとても良い。

これはどんな飲み方でもとにかくスムーズで、日常系ウイスキーの決定版と言って良いかもしれない。 

 

という訳で、疲れましたね。

疲れたけど、それなりに楽しかったですよ。


◼️最後に友人の宣伝など

酒つながりの友人たちが、次々と楽しげなイベントなどを企画している。

この弱小blogで宣伝してもほぼ効果がないだろうが、応援の気持ちを込めて紹介する。

 

まずはアマチュア枠から。

 

自分は毎年恒例の芋煮会くらいしかイベントの企画・主催はしないが、アマチュアのイベントに必要な熱量、人集めと準備の大変さ、そして参加者が楽しんでくれた時の達成感は非常に良く分かる。

なので、友人らの行動は全力で応援したい。

 

①あのcongiro氏のイベント(2/23)

信頼と実績のコンヒーロ氏のイベント。

初心者・初参加ウェルカムでございます。

残席は少ないが、自分も行くので皆様も是非どうぞ。

たぶん、わっしーの自家樽熟が飲めるぞ!!

 

②「日本酒界の核弾頭」きばっちょ氏のイベント(4/6)

こちらも初心者・初参加ウェルカム。

日本酒ブロガーの神奈川県健一くんに「核弾頭」というキャッチフレーズをつけてもらったきばっちょ氏、うらやましいぜ!

神奈川くん、俺にも何か気の利いたキャッチフレーズつけてくれ!

なお、この日は毎年恒例の花見なので、たぶん自分は行けない。

草葉の陰(?)から成功を祈念しております。

 

③新橋「ひらの」のイベント(3/2)

ここからはプロフェッショナル枠。

 

毎度おなじみ、わしゅらん5つ星「ひらの」の酒と音楽イベントでございます。

ほろ酔いで音楽を気楽に楽しむも良し、音楽をバックに瀬川くんセレクトの日本酒をガッツり楽しむも良し。

わっしー氏はこれも先約で行けませぬが、UK音楽だと、ソウル青年だった初期のロッド・スチュワートが好きです。

 

④日本酒バーhashicco(2月末か3月に開店予定)

最近知り合った端村さんという御方が、御徒町のコーヒー屋を間借りして木・金だけ日本酒バーをやるとか、やらないとか。

開店したら、差し入れを持って冷やかしに行ってみようと思う。

(後日追記)

残念ながら諸事情で暗礁に乗り上げているらしい。

実現を願っております。。。 

<了>